FC2ブログ







プロフィール

カムとハル

Author:カムとハル



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


恵子の日記

妻は愛人。

淫乱妻のえっちな生活

真理奈にイケメン精液を

OL夢華の秘めごと遊び

妻を他人の男根に寝取られて【他人棒が好き】

愛のSMごっこ

迷惑メールに悩むスケベおやじの逆襲

ほのぼのエロ日記

考える性戯

♡YUKARIライフ♡

marの調教日記

妻の野外RESORT日記

彼女達との性ライフ



あなたは♥♥♥人目のお客様です



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2人&SW
先日haruと沖縄旅行へ、観光、グルメと充実した日々を過ごした。
そして、久しぶりに2人SEXを堪能した。

場所が違えばムードも変わる!とてもエロく僕の前でオナニーをしてくれた。
相変わらずの綺麗な身体を上から下まで眺めて、それだけでもkamuは満足してしまう!
写真
image.jpeg


この旅行に来る一週間前に関東で知り合ったカップルとSWした。
相手の男性は自分の彼女よりharuの方がスタイルも感度も良かったのか、常に手がharuの身体に触れていた。
kamuはノドが乾いたので相手の彼女を誘っていったん部屋を出た。
その間haruと彼の行動は言うまでもない!

想像するだけでkamuのコックはギンギンになっていたわけだ!
だからといってkamuは相手の彼女とは何もしなかった。
相手の彼女には申し訳ないが、kamuはharuがkamu以外の男性と性行為をしてる事に快感、エクスタシーを感じるのでありkamuが他の女性と絡みたい訳ではない!

来週はどんな世界に行けるのか今からドキドキする!

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

スワップ体験記
今回は4度目のハプニングバー。

初めての時は、kamuに指示されて一人で行ったけど、2回目以降はkamuと一緒。

実は先週もkamuと一緒に来たんだけど、いろんな欲望が抑えきれず、急遽一緒に行く事になった。

カウンターがいっぱいで、今回はカップルシートに座ってみた。となりのカップルシートにもカップルさんがいるみたい。状況を観察してみると、どうやらカップルさん一組と単独男性と単独女性が一人ずつ。

K「お邪魔してもいいかな?狭い?」
カップル&単独さん「大丈夫だよ〜どうぞどうぞ」

ギリギリ6人がけの席に6人座って自己紹介。単独男性は以前会った事があるOくん、単独女性はきれいなお姉さんでRさんという方。カップルさんはHくんとMちゃん。(今回は登場人物多い…)

Rさん「ちょっと〜、明日のために今日は性欲温存しとかないといけないんだから!」
Haru「明日なんかあるんですか?」
O「年下の彼と9時間デートなんだって」
Rさん「うふふ、そうなの。もう耐久レースよw」
Haru「え?まさかずっとホテル??男性保つんですか?」
Rさん「そうなの、彼すごくって、前回は5時間で3回よ」
O「若い年下の彼なんだよね」
Rさん「彼というか、パートナーね。そういうパートナーって感じ。」

いきなりの刺激的な会話。なんとか付いて行くけど、いきなりこういう激しい女性に会うとテンション上がる。さすがハプニングバー。

kamuとこういう遊び方をし始めてから、パートナーという言い方をよく聞くようになった。彼氏彼女や、旦那さん奥さんという関係にはカミングアウトせずに、性的な相手は別に作って遊ぶ人が多いみたい。SやM、撮影とか寝取りとか、特殊な趣味がある訳でもなくても、そういう人が多いのが不思議。ただ、ご夫婦や本当のカップルでハプニングバーやカップル喫茶に行くような関係は本当に仲が良くってうらやましいと言うのが、店員さんや常連さんたちの共通した意見だ。kamuと私もうらやましがられているんだろうな。だっていつもラブラブだもん。

Mちゃん「年下の彼って荒くないですか〜?なんかがっついてるイメージ。」
Rさん「確かにそういうの多いけど、探すといるのよ、いい子が。若くて元気で、すごい優しいの。」

Rさんは明日のためにとここで退場。HくんとMちゃんの話を聞くと、どうやら20代の彼女と年の差カップル。Hくんはそんな年齢に見えなくてすごいラブラブ。いちゃいちゃというのはこういうのを言うんだなと思うくらい、目が合うとキス、生足の太ももをなでながらすぐ見つめ合って触り合う。

薄いカーテンを閉めて半個室状態にすると、HくんがMちゃんのワンピースをめくり上げた。Mちゃんは逆らわないで嬉しそうに笑う。Tバックのかわいいお尻があらわになる。

Haru「きゃーTバック。」
Hくん「いいでしょ。触る?」
Haru「スベスベ〜」

Mちゃんはソファに腰を下ろし、足をHくんの太ももに乗せる。Hくんはためらわずに生の足を膝からなで上げ、スカートをまくり、Tバックの上からMちゃんのアソコを優しく撫でまわす。Mちゃんは相変わらず楽しそうに笑ってる。

Hくん「ハプバーは実は初めてなんですよ。昨日とおとといはカップルさんと単独さん呼んでホテルで5Pとかしてたんですけど」
K「すごいね。どんな相手だった?」
Hくん「昨日はすごいイケメンと美女カップルが来ちゃって、もうこっちが恐縮しちゃうくらい。」
K「マジで!?いいね!どうやって探すの?」

外では決して出来ない解放した会話。こういう相手に会えるとすごく楽しい。男性陣は今までの経験談や情報交換、私は片手はkamuの手を握って話さず、たまにMちゃんの太ももに触ったり、kamuの胸に顔を埋めたり。

O「いいな〜ラブラブで」
Mちゃん「うふふ〜いいでしょ〜」

談笑しながらお酒も入り、Mちゃんがトロンとした目でHくんを見上げる。

Mちゃん「したいな…」
Hくん「したい?奥入れてもらおうか?」

個室になっている奥の部屋に行かないと、SEXは出来ない。店員さんに言わないと入れてもらえないところだ。

Haru「奥行くんだって。いいね。」
K「いいね。Haruもしたいでしょ?俺らも行く?」
Haru「うん。行きたい。」
Hくん「良かったら一緒に行きますか?」

願ってもないお誘い。今回はカップル2組のみで4人で個室へ。時間が早かった事もあり、貸し切りの状態。座って少し話しながらさりげなく、少しずつ服を脱ぐ。服を脱ぐのにさりげない訳は無いけれど。
ほぼ裸になると、HくんがMちゃんをこちらに向かせて言う。

Hくん「どうですか?触る?」
K「Haru、いい?」
Haru「うん。」
Hくん「じゃあ、僕がこっち行こうかな。」
Mちゃん「きゃはは」

kamuが他の女の肌を撫で始める。前回はとても興味深そうに触るkamuがショックだったけど、他の女とするときどんな風にkamuが感じているのか急に興味が湧く。
私も下着の上からアソコを撫でられる。急激に濡れてくるのが分かる。目の端にはkamuが私以外の女の胸を愛撫し、肌が合わさって行くのが見えている。

Hくんの手が私の下着を優しく脱がせ、アソコに手と舌が伸びる。

Hくん「舐めていい?」
Haru「うん。。あっっ」

熱い舌に思わずのけぞる。

K「じゃあこちらも」
Mちゃん「キャ!んっあぁんっっ」

kamuがMちゃんの股間に手を伸ばすのを見ている間に、Hくんの指が中に入ってくる。最初はゆっくり確かめるように、だんだんポイントを抑えて責め始める。

Haru「あ!!そんないきなり・・」
Hくん「気持ちいい?」
Haru「うん、気持ちいい…っダメっ、止めて、出ちゃいそう!」
Hくん「いいよ、出しちゃって、ほら!」

今まで何度か他の男性としたけど、潮を噴くのは最初にkamuが潮を噴かせてくれた後だけ。最初から別の男にされて噴いた事なんて無かったのに、少しだけ濡らしてしまった。

気が付くとkamuも指で激しくせめて、私とMちゃんの喘ぎ声が個室に響いていた。

K「挿れていい?」
Hくん「ん〜、最初はちょっと僕で。」
K「じゃあお互い最初は本来の相手で 笑」

kamuが戻って来た。

K「Haru、ビチョビチョじゃん、他の男にこんなに濡らされて、感じちゃったの?」
Haru「うん、だってHくん上手で…」
K「お仕置きだね」
Haru「あ!あっっ!!」

kamuの大きくなったPが入ってくる。いつもの快感だけど、他のカップルと一緒と言う環境が、いつもと違った刺激を加えて、なんだか感じ方も違う。頑張って頭を反らしてHくんたちを見ると、Mちゃんを壁に向かって立たせ、指でアソコを責め始める。

Mちゃん「あ、あぁぁ〜、んっ!!」
Hくん「いいよ〜いっぱい出しちゃって。タオル敷いてるからね〜」

2014021800234210e.jpg


あっという間に潮を噴いて、色っぽい息づかいに変わる。HくんはMちゃんを横にならせて、正常位から開始。そそり立つHくんのPがMちゃんの開いた脚の間に突き立てられる。

K「Hくんの指すごいね。Haruもあんなに責められちゃったんだ。」

kamuの責めも激しさを増す。右乳首を噛み、左胸を右手でもみしだく。身体を起こすと今度は挿入したままクリトリスを責めて来る。Hくんたちの行為も気になるのに、どんどんkamuが触れる手に集中していっちゃう。

Hくん「はあっっ。どう?気持ちいい?じゃ、そろそろ交代しようか?」

kamuも私から引き抜き、一息つく。そしてお互いの相手を交換。

K「後ろからしてもいい?じゃあ四つん這いになって」

kamuが出す指示が聞こえる。

Hくん「すごい濡れてるね。ほら、気持ちいいかな?」
Haru「あ!!あぁぁ〜〜っ」

いきなりごつごつした指が入って来た。さっきより感じるのはkamuが刺激した後だから?前の方、手前の方と中の感触を確かめながらどんどん激しく出し入れしてくる。

Haru「あ!そこっダメ!!出ちゃうから止めて!!」
Hくん「いいんだよ、もっと出して。ほら、気持ちいいでしょ?」
Haru「あぁ〜〜っんん〜〜!!」

びちゃびちゃと音を立てて、大量の潮を噴いてしまった。Hくんの指が上手すぎる。強制的に潮だけ噴かされているのはなく、すごく気持ちいい状態になっていた。

私の頭の向こうで、kamuが私以外の女に乗って腰を振っている。あの硬くて太いPで中をかき混ぜられている女性の声が響く。どうしたらいいのか分からないまま、Hくんの大きくなったPが入って来た。

Haru「あっ!!んん〜、、すごい・・・」
Hくん「いいね、ビチャビチャだね」

正常位でどんどん突き上げられる。Hくんもkamuと同じくらい大きい。kamuをもっとはっきり見たいのに、もう目が開けていられない。さっきの潮吹きで残っている快感に上乗せされて、もうイってしまいそう。

Haru「もうだめ!イっちゃう!!」
Hくん「いいよ!ほら!」
Haru「あぁぁっっ!」

一度目の絶頂。同時にHくんは私からPを引き抜き、また元のカップルに戻る。

kamuが戻って来て私の上に乗る。Hくんは私のすぐ横に、Mちゃんの身体を並べた。身体の向きは逆に、横にすぐMちゃんの大きなおっぱいが見える。

互い違いに隣り合った状態で、正常位で挿入が始まると、HくんはMちゃんの身体から少し自分の身体をずらし、私の胸に手を伸ばして来た。あっと思っているうちに、右胸を吸われている。
kamuのPをアソコに感じて、Hくんに胸を責められ、頭の右上ではHくんとMちゃんの結合部が音を立てて重なり合う。思わず顔の横にあるMちゃんの胸に手を伸ばし、乳首を口に含んだ。

もちろん、女性の胸を舐めるのは初めて。柔らかくて温かい。心なしかMちゃんの喘ぎ声の声色が変わる。

また二人の身体が離れ、相手をチェンジ。kamuは今度は正常位でMちゃんを責め始める。私に挿入されたHくんのPはさっきより大きくなっている気がする。どんどん激しくなる突き上げに、もうkamuがどうしているか分からなくなるくらい、自分の感覚は快感だけで埋め尽くされてしまう。

K「はぁ!ごめん、イッちゃったよ。Mちゃん気持ちいいね」

kamuの声で一瞬我に返る。kamuが離れたところにいる。私の上にいるのはkamuじゃない男性だ。それでもHくんの大きなPでどんどん突き上げられ、自然と腰が浮いて、もっと求めてしまう。

K「haru、きもちいい?いいね。」
Hamru「うん、気持ちいい…。あぁっ!」

最後の合図のように激しく突き上げられた後、Pを引き抜かれる。kamuがこちらを見ているのと同時に、Mちゃんも起き上がってHくんを見ている視線を感じる。自分が感じている姿を女性に見られるのは恥ずかしい…と一瞬思うけど、快感には逆らえない。

HくんがMちゃんの所に帰るかと思ったら、またあの指が挿入される。今度はいきなりピンポイントに潮を噴かせる場所を激しく責め立ててくる。

Haru「あ、あぁっ!ダメっ!また出ちゃう!」
Hくん「大丈夫だよ。ほらタオルも敷いてるし、いっぱい出して!」
K「すごいな」
Hくん「ほら、どう?」
Haru「ああぁ!もうダメっ!!」

今までには無いくらい大量の潮吹き。Hくんの彼女の前でこんなに感じてしまう自分が恥ずかしい。
kamuにリミットを外されて感度が上がってる私は、kamuが他の女としている事より、刺激している相手がkamuで無い事より、自分の快感に集中してしまう身体になってしまっているということをうっすら感じた。kamuではない男性の場合はkamuが見ているという状況に限られてはいるけど。

Hくん「すごいね〜」
K「haru、そんなに感じて、エロいな。」
Mちゃん「Hくん、私も。」
Hくん「Mちゃんも欲しいの?いいよ。」

HくんとMちゃんが絡み始める。

K「haru、すごい潮噴いてたね。気持ちよかったの?」
Haru「うん、Hくんの指すごいの。もうあれは職人レベル。潮吹き職人(笑)」

HくんとMちゃんの行為を観戦しながらkamuとくっつく。他の人とした後はkamuがそばにいないと不安になる。まだ火照りが収まらない身体をkamuに預けて甘える。

HくんとMちゃんは、また潮吹きから始まって、正常位でキスを重ねながら、二人がイって終了した。




前回のカップル喫茶で初SWした時は、あまり身体の線がキレイではない女性で、そんな女と絡んでいるkamuを見るのは嫌だったけど、今回は何も感じなかった。ただ、彼女がいる男性がその彼女の前で私と行為をするという刺激と、私が見ている前で他の女性とするkamuをみるという不思議な環境の楽しさ、面白さ、例によって気持ち良さもあった。
よく寝取られ好きの男性のいう焼きもちのような感情はなかったけど、きれいな女性と絡むkamuを見るのは悪くないなという感想。

他の女とするkamuを見て、もっともっとkamuとの行為を熱くして行きたいから、またしたいとは思うけど、いまいちスワップの楽しみが分かってないのかな^^;

読者の皆さんは、スワップでどんなところが刺激なのか、楽しいポイントなのか、コメントしてもらえると嬉しいです♪

先日、2度目となるカップル喫茶へ行きました。
非日常的な空間が広がり、kamu 好みの世界がそこには有る。
2度目なのに何度も来ているかのような感覚、そこには性を求め与へ共に快楽を共有する男女がいた。
その中でHaruと kamu は隣にいる男性達と話しが盛り上がり、 kamu.haru そして
2人の男性達と他の客が居ない隣の部屋へ移動した。
Kamuが 男性2人に haru をエスコートしてださいと言うと、
始まった!
大好きなharuが男2人に身体中を舐められ、いじられ、もて遊ばれてる!
Haru は1人のコックを握りしめ、も1人のコックをフェラし、男2人の手は haru の陰部を攻めまくる。
すると haru は、早くくださいと言っている。男達はじらしながら、陰部を舐めもう一人は乳房をつまみ、 haruの早く、早く と言う声!とてもエロスを感じる声だ!
と言う声に促されるように、極限まで膨張したコックを、ぐちょぐちょになっているオマンコにぶち込んだ!
そして興奮したもう一人の男も続いてharuのオマンコにコックをぶち込む!
Kamuは興奮しながら写真を撮り続けた。。
2人の男がフィニッシュした直後今度は kamu が待ってましたと自分のコックをアナルとオマンコにファックしまくった!
今回はこれで終わりではなく、ここはカップル喫茶、そう他にもカップルもいる。
この後別のカップルと SW を楽しみ、 この日だけで kamu は女2人のオマンコ、haruは4人のチンポを楽しんだ。

写真


初めての4P haru
単独男性2人を呼んで、4Pをすることになった。
正しくは、私が2人の単独男性と絡んでいるところをkamuが眺めて撮影したり、ちょっと手を出したりするという3Pプラスkamuという形。


いままで3Pはしたことがあるけど、kamuが参戦しながらだと撮れる写真が限られてしまうので、今回kamuは暗いところでもキレイに撮れるカメラを準備してノリノリ。

来てくれたのはSくんとOくん。少し4人で談笑しながら雰囲気を和ませる。

K「haru、もう一回シャワー浴びる?」

集まる前にシャワーを浴びていたけど、緊張して変な汗をかいてしまっていたのをKはお見通しみたい。和やかにお話していたはずなのに。
シャワーを浴びに席を外す。




実は、2人を待っている間、怖くなってずっとkamuに抱きついていた。いつもプレイ自体は私も楽しんでいるけど、初めて会う人と肌を合わせるのはやはり怖い。

K「緊張するの?少し僕とする?」
H「うん。お願い。kamuが欲しい。」

kamuは優しく愛撫から入り、次第に激しく、Pも少し挿入してくれたけど、最後は指で潮を噴くまで感度を上げて、イカせてくれた。

K「緊張溶けた?」
H「うん。気持ちよかった・・・」

短い時間だったけど、kamuが優しく抱いてくれたおかげで、緊張⇒楽しみへ変わっていた。




シャワーから戻るとSとOが微妙な距離で座っている。
私はその真ん中に座り、kamuがルール説明。

K「ゴムはマナーだから当然として、他は好きにしていいよ。実はharuちゃんは、後ろの穴もイケるんだ。今日はキレイにお掃除してあるし、さっき僕が挿れたからすぐ入ると思うよ。匂いもしないくらいキレイになってるから、良かったらサンドイッチとかして見せて。」

初めて会った人たちにそんなこと話されちゃうなんて恥ずかしい。でもいっぱい気持ちよくしてもらいたい。他の男の手で感じさせられてるのをいっぱいkamuに見て欲しい。

K「でも、アナルに入れたのはおまんこには入れないでね。衛生上。」

注意も忘れない。こういうところがちゃんとしてるから、kamuとはずっと一緒に楽しめるんだ。


H「どうしたらいい?」
S「じゃあ横になって」

ガウンの前を少しはだけて横になると、薄暗くしている部屋のライトがちょうど私の真上にきて、スポットライトの下にいるような状態になる。怪しい光がちょうど私に当たっているけど、私からSとOの表情は眩しくて見えない。

O「うわぁ、綺麗な体だね」
S「ホント、スタイルいいね」

社交辞令かもしれないけど、気持ちがほぐれる。ガウンを全てはがされ、裸体がライトの下に晒される。

Sが首筋、鎖骨にキスしてから、乳首に触れる。

O「また汗かいちゃってるね」

今シャワーを浴びたばかりなのにしっとり汗をかいた脇を舐められる。

O「おいしいよ。緊張してるの?可愛いね。」
H「やだ、脇なんて恥ずかしい・・・。んっっ!」

Oの舌先が胸の方へ下がってくる。胸を揉みしだいたり、乳首を噛んだり、二人に片方ずつの胸を責められる。触られている量は一人としているのと変わらないのに、倍も感じて、あそこがどんどん濡れてくるのが分かる。Sが顔を上げ、右手で胸を触りながら、優しく、いやらしくキスをされる。

H「お願い、下も触って・・・」
S「触って欲しいの?」
O「ちゃんとお願いしないとダメだよ」

kamuにいつもしているみたいにお願いする。

H「たくさん濡れちゃってるおまんこも、触ってください・・・。」

Sの手がアソコに伸びる。短く揃った下の毛を撫でてから、下の唇にゆっくり触れる。

S「綺麗なおまんこだね。うわぁ、ビチョビチョだよ。」
K「毛の長さもちょうどいいな。濡れて光ってるよ。いやらしいな、haru。」

kamuの声がする。Sの手が触れるとき、ビクッと反応しているのを、きっとkamuは正面から見てる。私は相変わらずライトが眩しくて、kamuの姿は見えない。

この前kamuとのデートで下の毛を一度全部剃ってしまったけど、今はなんとか生えてきていて、余計な部分だけキレイにしている。

ヌルヌルになっているあそこを撫でまわし、周りをしっかり濡らしてから、Sの指が中に入ってきた。

H「あっっ!!」

いつもこの瞬間が一番身体に電気が走る。感じる、というのではない。体の表面ではなく、私の中を男に犯される瞬間だから。

O「すごい感じちゃってるの?」
S「どんどん溢れてくるよ。」

指で中を掻き回される。そんなに激しい動きじゃないのに、私の腰はビクビクと反応してしまう。

kamuが動いた気配がした。Sの指が抜かれ何か話している数秒間も、Oには乳首を責められ続け息がつけない。ローションを垂らされ、急に少し冷たいものがあそこに触れる。

H「何・・・?あっあぁ!」

kamuが手渡したのは普通の太さのディルド。kamuは何種類もあるディルドで私をいじめるけど、挿れられた感触でどれか分かる。太さはなくてもすこし固めだから、しっかり濡らさないと痛くなってしまうタイプ。でも二人の男性にが私の身体をいじられて、kamuが見ていることで私のアソコはローションなんていらないくらいビチョビチョになっている。

S「うわぁ、すぐ入っちゃうよ。」
O「すんなりだね。すごい。やらしいな~。」

ゆっくり出し入れされているディルドがピチャピチャと音を立てている。どんどん出し入れの幅が大きく、激しくなってくる。

S「こんな奥まで入っちゃう。すごいね。」
K「haru、僕の手じゃない男の手でおもちゃ突っ込まれてるよ。どんどん濡れて、いやらしいな。」
O「ホントだ、いやらしい音がしてるよ。聞こえる?」

3人の男性が次々と冷静に言葉を吐く。私は一人感じ続けて喘いでいる。思わず右手でSの、左手でOのPを探して掴む。Oのはもうすごく固くなっていた。

Sの手の動きが激しくなり、私の奥の感じるところをどんどんと突き上げる。Oが責める乳首の快感が合わさって、思わず腰が浮いてしまう。

H「あ!あぁ!ダ、ダメ~っっ!!出ちゃうっ!」
S「出てるよ。もっと出して。」
O「潮噴いてるね。すごい。」

S「ほら、もっと出していいよ。どう?」
H「あ、あぁっ!いい!」
K「いっぱい潮噴いちゃって、気持ちいいか?」
H「うん、気持ち・・・いいっっんん!!」

ビクビクと身体が痙攣する。ディルドでイクなんて普段ないのに、両乳首を責められながら、Kじゃない男に責められているのを、Kが見ている光景に興奮したのか、イってしまった。

左手で触っていたOのアレは、硬く、太く膨張していて、汁でヌルヌルになっていた。

H「お願い。もう挿れて。」
S「何を挿れて欲しいの?」
K「haru、ちゃんと欲しいのはお願いして。」

H「おちんちん、挿れてください。。」
K「どっちの?」
O「ほら、もっとちゃんと頼まないとダメだって。」

みんなで焦らされる。その間も二人の手が私の身体をまさぐっていて、もっともっと欲しくなる。

H「Sさんのおチンポください。。」
S「うん。わかった。じゃあ大きくしてくれる?」

責めるのに夢中だったのか、さっきまで大きくなっていたSのはすこししぼんでいた。顔の前に持ってこられて、舐め始める。

K「綺麗な形のチンポだね。美味しい?」
H「うん。美味しいです。」
K「そんな深く咥えて。僕のもそんなに奥まで咥えてくれないのに!」

舐めるのに夢中になっていたら、後ろからOがディルドを挿入してくる。

H「んんっ!」
O「うわ、抵抗がすごいよ。締まってるね。」

中を確かめるような動きがいやらしく、まるで舐め回すように動く。

S「タマも舐めて。すこし吸って。」
H「はい・・・。」

他の男のを咥えているのをkamuに見られている。後ろからはkamuじゃない男の手でおもちゃで犯され続ける。Sのはすぐに大きくなったけど、大きなPにむしゃぶりつくのをみたいというkamuの言葉を思い出して、頑張って続けた。でも、もう限界。

H「お願い。これを挿れてください。」



仰向けになった私の股の間に入り、Sが挿入してくる。私の頭の方にOが回り込み、私の肩をあぐらをかいた状態の膝に乗せ、上から乳首をつまんできた。この状態でもライトが眩しくて、二人の表情は見えない。必然的に責められている部分に神経が集中する。kamuの動きも見えないけど気配だけ、すごく見られているのを感じる。

image 4


Sが動きが激しさを増してきた。kamuのカメラのシャッターの音がする。挿入されながら両乳首を責められるとすぐイってしまう私の感じ方を話していたから、Oも乳首責めを止めてくれない。Sには私の奥の感じているところを突きまくられる。

Sの誘導で体位を変える。四つん這いになり、今度はOのアレを咥えさせられる。ディルドで苛められているときはあんなにギンギンだったのに、ちょっと元気がなくなって、舐めやすい大きさになっていた。

OのPを口に含むと、Sが後ろから突いてきた。

H「んんんっっ」

すぐに大きくなったOのPに口が塞がれ声が出ない。Oは背中から手を回し、私の下向きになった胸を揉みしだく。

K「気持ちいいか?上の口も、下の口もで、haruは贅沢だな。」

kamuの声がする。

ふと、Sが身体を離す。今度はOが下に回る。確かめるように、私のアソコを指で触れ、中を探ってくる。

H「ダメ、そんな、早く・・・挿れてください。」

大きくて太いのが欲しい。硬いので責められたい。
そんな思いが耐え切れなくてお願いしてしまう。

O「挿れるよ。」
H「あ!あぁっ」

二人共体型は同じくらいなのに、Sは長くて、Oは太く硬い。違うモノが入っていることに更に興奮が高まる。横にSがきて、またPを咥えさせられる。

Oが離れた瞬間、Sが私の股を広げる。ローションを渡され、濡らしたところがすこし下みたい・・・??

K「お?行くの?入るかな?」

まさか・・・???

H「んぅ!!!」

声にならない。Sがアナルに挿入してきたんだ。いままで何人か3Pをしたけど、こちらに挿れられるのは初めて。今まではkamuが許さなかったから。

どのタイミングか覚えていないけど、確かにさっき指で広げられていた。話はしたけど指だけで終わりだと思っていたのに、まさかPが・・・。

最初はゆっくり、入るかな?という感じだったのに、どんどん激しく抜き差ししてくる。Sの腰の動きと、その向こうにいるKの足が目に入る。

K「すごいね。haru、アナルに入れられちゃってるよ。僕じゃないよ。」
H「あぁぁ~~。。んん・・・」
O「すごい!入ってるよ。」

泣きそうな感じに、切ない声が出てしまう。刺激が強くて言葉にならない。kamuとOが結合部を舐めるように見ている。みんなの興奮が高まっているのが分かって、私の感度もどんどん上がる。髪が乱れてきてしまっているけど、直すことなんてできない。うつぶせにされ、更に突かれたところで急にSの身体が離れた。

H「はぁっあぁ・・・」

声にならないため息を吐き、身体に痙攣が走る。

O「すごい、ビクビクしてるよ。」
K「やらしいな、haru。そんなに感じて。」
O「気持ちいいの?感じちゃってるんだね。」

Oが身体を優しく撫でる。ビクビクした身体がすこし落ち着く。と思った瞬間、またOが正常位で挿入してきた。

H「んん!!あっ!」
K「haruは休みなしだね。」
O「ほら、どう??」

もう、気がふれてしまうんじゃないかと思うほど、次から次へと責められる。腰を持たれて、強く奥までなんども押し込んでくる。局部が重なり合うとき、ピチャピチャといやらしい音がしている。やがて動きは激しさを増し、Oは奥で果てた。

ゆっくりと身体が離れ、右を向くとkamuがいた。こんなに感じているのに、相手がkamuじゃない。kamuが欲しい!
そう思ったら、無意識にkamuのPを咥えていた。

K「ダメだよ、haru。今は僕じゃないでしょ。」
H「そんな・・・kamuが欲しい。。」
K「Sくんはいける?じゃあ僕がアナルを。」
H「え??」

Kは仰向けになり、フラフラになっている私を上に乗せ、Kの足の方を向いている状態で上に中腰にさせ、アナルに挿入してきた。

H「!!!」

Kの硬くて太いPは、アナルでは刺激が強すぎて、もう何がなんだかわからなくなる。喉の奥から声にならない息が漏れる。

K「そのまま僕の上に仰向けに寝て。」

アナルでつながって、二人が仰向けで重なった状態。そんな体位は初めてで、身体は痺れるみたいな感覚。足元にはSとOがいて、つなぎ目をまじまじと見られている。KはOにカメラを渡し、撮影を指示する。私は意識を保つのが精一杯なのに、男性はなんでこんなに冷静なんだろう?
kamuは左手で乳首をつまみ、右手でクリトリスを刺激してきた。

K「Sくん、ほら挿れて。」

Sが私のアソコにローションを垂らし、塗りつける。クリトリスを撫で回し、指を挿れてくる。

H「あ!あぁ!ダメぇ~!!」

言葉が弱々しくなってしまう。Sが真剣にいじっているのが分かる。どんどん指でいじめられ、離れた瞬間、Sの大きくなったPが入ってきた。

H「あぁぁぁ・・・」

両方の穴にPが入る。仰向けでサンドイッチ状態。こんなの初めてで、その瞬間は写真が証明しているけど、もううっすらとしか覚えていない。声がだらしなく漏れ、涎がたれてしまっていたかもしれない。

二穴責めから解放されると、Sが正常位で激しく責め立てる。もう乳首なんて刺激されなくても、代わる代わる犯され続けて、何度イったかわからない。それでもkamuとOに見られていることで、どんどん感じ続けてしまう。

Sの腰がパンパンと激しい音をさせながら打ち付けられ、私がイクのとほぼ同時に中で果てた。





しばらくは動けない。自分がどんな格好で横になっているのかも最初はわからないくらい、力尽きていた。

K「大丈夫か?すごかったな、haru。」

男性陣が少しずつ動き出す。私もよろよろと起き上がると、最初の位置からは全く違う場所にいた。夢中でわからなかったけど、ずいぶん暴れていたんだな。

O「うわぁ~、今日来てよかった~」

最初に果てて見ていたOが声を上げた。楽しんでもらえたのかな?どの辺が楽しかったか、ちゃんと聞けば良かったと後で思ったけど、そのときはフラフラでそんな余裕はなかった。




ところどころ覚えていないけど、kamuは見ながらローションを足してくれたり、私が辛くないように体位をこっそり調整してくれたり、ゴムの交換を指示したりしてくれている。こういう遊びをして後で身体が辛いと悲しくなってしまうけど、kamuとだったら身体に辛いところが出ることはない。

実際、kamuと二人きりでするのが一番気持ちいい。でも、他の男性と私がSEXしたのを見たあとのkamuは、見る前よりももっと気持ちよくしてくれる。
他の男が私にする行為で、そんなに刺激が強くない触られ方でも、kamuが見ていると思うと10倍感度が上がってしまう。他の男性を加えた行為が、二人の行為の興奮を更に高めているんだ。

image 3



kamuは他の男とSEXしている私を見て興奮するというけど、私はどうだろう?
kamuが他の女とSEXしていたらどう感じるんだろう?
kamuとそんな話になった。


今度はカップルさんとしてみようかとkamuと相談中です。
もし実現したら、またブログで報告しますね♪

羞恥プレイ haru
最近仕事のついでに一緒に泊まることが多くて、
1日デートするのは久しぶり。

ランチの後は、昼間から大人のおもちゃのお店へ。

kamuのお目当ては極太ディルド。
私のあそこにいろんなおチ○ポを入れたいんだって。

透明タイプと、細めのバイブはあるのに、
もっと太いのがいいと、真剣に選ぶkamu。

あんまり太すぎ・硬過ぎは痛いよとか言いながら
一緒に選ぶのも楽しい。

休日なのでお店は混雑してたけど、
仲間だと思うと全然恥ずかしくないのが不思議。
意外と知り合いなんて会わないものなんです。


肌色タイプの今までより太いディルドが
kamuが一番気になってるみたい。

普通に考えたらそんな太さのが入る訳ないと思うけど、
実はkamuは広げるのがすごい上手。

以前お風呂場でローションたっぷり使って、
私のアソコをずーっと責められて、
何をされているのか、そのときはわからなかったけど、
どんどん手を奥まで入れられてた。

後から聞いたら、5本の指を全部入れられていたんだって。

痛かった覚えはなくて、むしろ感度が上がって、
その日は一晩中何をしても潮ふいちゃう状態に。


「これ買っていい?」
「うん、普通じゃ入らないから上手に広げてね。」

その時のことがあるから、私も了承。
約束して、ローションと一緒に購入した。

私は比較的濡れやすいけど、後で痛くならないようにって
kamuは所々でローションを使ってくれる。
おかげでSEXの後に、痛くなったことはない。


kamuが会計しているとき、私の目に入ったのは、
コードレスのロー○ー!

これはもしや、昔テレビで見た、
どこででも辱められちゃうアレ・・・?

動かしてみたら、操作も簡単。

「ねぇ、kamu、これ見て。」
「なにこれ?うわ、すごいね。
 ・・・欲しいの?」
「うん。欲しい。」

Mな私は、どこでもいじめてもらえると思うと
それだけで濡れてきちゃう。

「じゃぁ買おう」
「うん♪」


喫茶店でちょっと時間を潰してから、
早めにホテルへ。


夕飯に出る前に、kamuがいきなり
私の後ろに回り、タイツを下ろす。

「え??何?」

ショーツを横にずらして、
冷たくて硬いものを入れてきた。
クリ○リスの前にセットしてみて、
私が濡れているのに気がついたのか、中へ挿入される。

「あっ。。」

元通りショーツとタイツを戻され、振り返ると

ウィー・・・ン

「ひゃっっ」

さっき買ったばっかりのコードレス○ーター。
普通はクリを刺激するくらいなのに、中に挿れられて、
服を着た状態なのにあそこを刺激される。

「じゃ、これで夕飯に行こう♪」


歩くとアソコに硬いものが入ってるを感じる。
kamuの指先一つで、これが動き出すんだ。
そう考えるだけでじっとりと濡れてきちゃう。


沖縄料理の居酒屋に入り、オリオンビールで乾杯。
前回の3Pの相手の話をしたりしてるうちに、
kamuがかけたコートに手を伸ばす。

ウィー・・・ン

「キャ!!」

コートに入っていたリモコンで、
すっかり忘れていた頃に動かされてびっくり。
動かしてるのがkamuだと思うと、すごい感じちゃう。

「どう?」

止めてからkamuが聞いてくる。

「うん・・・。気持ちいいです・・・。」

恥ずかしいけど素直に答える。

最初は空いていたお店だったけど、
隣にサラリーマンの団体が入ってきた。

時々、kamuがスイッチを入れる。
隣のサラリーマン達に、私の感じてる顔を見られちゃう。
kamuはお酒が入って、ご機嫌みたい。


「そろそろ出ようか?」

いつもだったらもう一杯飲みたいって思うけど、
ずっとあそこを刺激されて、
もうkamuが欲しくて仕方がない。


ホテルに帰ってからは、愛撫なんてなくても
恥ずかしいくらいビチョビチョで、
シャワーを浴びてからでもどんどん愛液が溢れてた。

いつもより激しく責められて失神寸前。

その時のことはまた次回♪



実は、コードレスロー○ー、使ってみたかったんだ。
私のエッチな願望を次々叶えてくれるkamuが大好き。

早くまたエッチなことしようね♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。