FC2ブログ







プロフィール

カムとハル

Author:カムとハル



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


恵子の日記

妻は愛人。

淫乱妻のえっちな生活

真理奈にイケメン精液を

OL夢華の秘めごと遊び

妻を他人の男根に寝取られて【他人棒が好き】

愛のSMごっこ

迷惑メールに悩むスケベおやじの逆襲

ほのぼのエロ日記

考える性戯

♡YUKARIライフ♡

marの調教日記

妻の野外RESORT日記

彼女達との性ライフ



あなたは♥♥♥人目のお客様です



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


羞恥プレイ haru
最近仕事のついでに一緒に泊まることが多くて、
1日デートするのは久しぶり。

ランチの後は、昼間から大人のおもちゃのお店へ。

kamuのお目当ては極太ディルド。
私のあそこにいろんなおチ○ポを入れたいんだって。

透明タイプと、細めのバイブはあるのに、
もっと太いのがいいと、真剣に選ぶkamu。

あんまり太すぎ・硬過ぎは痛いよとか言いながら
一緒に選ぶのも楽しい。

休日なのでお店は混雑してたけど、
仲間だと思うと全然恥ずかしくないのが不思議。
意外と知り合いなんて会わないものなんです。


肌色タイプの今までより太いディルドが
kamuが一番気になってるみたい。

普通に考えたらそんな太さのが入る訳ないと思うけど、
実はkamuは広げるのがすごい上手。

以前お風呂場でローションたっぷり使って、
私のアソコをずーっと責められて、
何をされているのか、そのときはわからなかったけど、
どんどん手を奥まで入れられてた。

後から聞いたら、5本の指を全部入れられていたんだって。

痛かった覚えはなくて、むしろ感度が上がって、
その日は一晩中何をしても潮ふいちゃう状態に。


「これ買っていい?」
「うん、普通じゃ入らないから上手に広げてね。」

その時のことがあるから、私も了承。
約束して、ローションと一緒に購入した。

私は比較的濡れやすいけど、後で痛くならないようにって
kamuは所々でローションを使ってくれる。
おかげでSEXの後に、痛くなったことはない。


kamuが会計しているとき、私の目に入ったのは、
コードレスのロー○ー!

これはもしや、昔テレビで見た、
どこででも辱められちゃうアレ・・・?

動かしてみたら、操作も簡単。

「ねぇ、kamu、これ見て。」
「なにこれ?うわ、すごいね。
 ・・・欲しいの?」
「うん。欲しい。」

Mな私は、どこでもいじめてもらえると思うと
それだけで濡れてきちゃう。

「じゃぁ買おう」
「うん♪」


喫茶店でちょっと時間を潰してから、
早めにホテルへ。


夕飯に出る前に、kamuがいきなり
私の後ろに回り、タイツを下ろす。

「え??何?」

ショーツを横にずらして、
冷たくて硬いものを入れてきた。
クリ○リスの前にセットしてみて、
私が濡れているのに気がついたのか、中へ挿入される。

「あっ。。」

元通りショーツとタイツを戻され、振り返ると

ウィー・・・ン

「ひゃっっ」

さっき買ったばっかりのコードレス○ーター。
普通はクリを刺激するくらいなのに、中に挿れられて、
服を着た状態なのにあそこを刺激される。

「じゃ、これで夕飯に行こう♪」


歩くとアソコに硬いものが入ってるを感じる。
kamuの指先一つで、これが動き出すんだ。
そう考えるだけでじっとりと濡れてきちゃう。


沖縄料理の居酒屋に入り、オリオンビールで乾杯。
前回の3Pの相手の話をしたりしてるうちに、
kamuがかけたコートに手を伸ばす。

ウィー・・・ン

「キャ!!」

コートに入っていたリモコンで、
すっかり忘れていた頃に動かされてびっくり。
動かしてるのがkamuだと思うと、すごい感じちゃう。

「どう?」

止めてからkamuが聞いてくる。

「うん・・・。気持ちいいです・・・。」

恥ずかしいけど素直に答える。

最初は空いていたお店だったけど、
隣にサラリーマンの団体が入ってきた。

時々、kamuがスイッチを入れる。
隣のサラリーマン達に、私の感じてる顔を見られちゃう。
kamuはお酒が入って、ご機嫌みたい。


「そろそろ出ようか?」

いつもだったらもう一杯飲みたいって思うけど、
ずっとあそこを刺激されて、
もうkamuが欲しくて仕方がない。


ホテルに帰ってからは、愛撫なんてなくても
恥ずかしいくらいビチョビチョで、
シャワーを浴びてからでもどんどん愛液が溢れてた。

いつもより激しく責められて失神寸前。

その時のことはまた次回♪



実は、コードレスロー○ー、使ってみたかったんだ。
私のエッチな願望を次々叶えてくれるkamuが大好き。

早くまたエッチなことしようね♪
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


アメリカ帰りのkamuと haru
Tとの浮気プレイの後、kamuはアメリカでの仕事を切り上げて、2日も早く帰ってきてくれた。もちろん私と過ごすために。

忙しい中、横浜の高層ホテルを予約していてくれて、私との時間を大切に思ってくれているのがわかる。

ホテルへ向かう最中は、半分はアメリカの話、でも半分はTとの浮気プレイで感じたことを、ずっと話してた。すごい興奮したって。



部屋に落ち着いてしまったらもう外に出られないことはお互い感じていたから、まずは夕飯を食べてから、クリスマスイルミネーションも見ずにすぐに部屋に戻った。
IMG_2099.jpg


シャワーを、と思ったらkamuが服を引きはがしてくる。私のアソコはもう濡れ始めてる。だって、いつもkamuはすぐに気持ちよくしてくれるから、身体に触れられただけで反応するようになっているんだ。

k「もう濡れてるよ。欲しかったの?」
h「うん。kamuのが欲しかった。」
k「でもTとしてたんでしょ?気持ちよかったでしょ?」
h「だって・・・」

kamuの大きくなったPがいきなり入ってくる。

h「あっっ!!」

1ヶ月ぶりの感触。敏感に身体が反応する。

h「んんっっあぁ・・・」

こんなに急に後ろから突かれているのに、私の奥が開いて、kamuを受け入れ始める。

ホンの1分もしないのに、kamuがPを引き抜く。

h「あっっ。。」

k「ほら、シャワー浴びておいで。続きはそれからね。」

kamuが急に責めだしたのにズルい。
でも、キレイにして、もっともっとkamuに気持ちよくして欲しい。


k「ツルツルにして欲しいな」

kamuが言う。これは、アソコの毛を剃ってほしいっていうこと。丸見えなのがいいって言われて、いままで一度だけ剃ったことがあるけど、すごく恥ずかしい。ジムでシャワー浴びる時も、すごく気になるし。

h「ツルツルがいいの?」
k「うん。今日はしてほしい。」
h「ツルツルにしたら、いっぱい気持ちよくしてくれる?」
k「うん、いっぱいしてあげるよ。」

普段から少ししか残していない下の毛を、シャワーでキレイに剃る。2度目だけど、すごく恥ずかしい気分になる。

ベットに戻ると、いろんなおもちゃがサイドテーブルに準備されてる。kamuは普通にしてもPもテクもすごいのに、おもちゃも使って私を責める。

ベットサイドの明かりの前で、私のツルツルになったあそこを撫でる。

k「すごく綺麗。やらしいね。」
h「恥ずかしいよ。。」

ベッドにうつ伏せになると、腰を持ち上げられて、お尻を突き出すように指示される。剃ったあそこを撫でられて、すぐに私の愛液は滲んでくるのがわかる。kamuの指が触れ、ピチャピチャといやらしい音を立て始める。

私の愛液をまんべんなく広げ、クリトリス、花弁、お尻の方にも塗りつけ、愛撫される。kamuの指を感じて、乾く間もなく愛液が溢れてくる。

h「あ、、、気持ちいい・・・」
k「気持ちいい?ここは?」
h「んんっっ!!」

指が違う穴に入ってきた。前から開発されているのは自覚してたけど、こんなに最初から責められるなんて初めてで、からだ全体がビクっとする。

k「簡単に入っちゃうね。気持ちいいんでしょ?」

刺激が強すぎて声が出ない。でも、以前よりずっと感じているのが分かる。

指を抜き差しされ、抜いた途端にアソコを責められる。衛生面を考えて、kamuは違う指で交互に責める。

h「あぁ、すごい・・・kamu‥」

もうkamuの奴隷のような気分。もっともっと気持ちよくして欲しい。そして、このあとそうしてくれるのも知っているんだ。

k「欲しいか?」

私のあそこにちょっとだけkamuのPが触れる。

h「欲しい。ちょうだい。早く。。」

もう恥ずかしげもなくお願いしてしまう。

k「じゃあ、ほら、自分で入れてごらん。」
h「はい。ん・・・あっっ」

大きいkamuのPは、先っぽが入っただけでも快感が全身に響く。すぐにkamuが私の腰を持って、前後に動かしてくる。ゆっくり、私の中の感触を味わうように。

h「もっと奥まで入れて。お願いします。」

欲しい時はお願いすることにしている。

k「奥まで欲しいの?ほら!!どう??」
h「あっっいいっ!!」

腰を持って奥まで突かれる。kamuの大きなPは付き合い始めの頃は痛いくらいだったけど、今はいきなりバックでされても痛くない。kamuに私の身体があってきているのが嬉しい。

k「ほら、もっとおしり突き出して!」

お尻を突き上げさせられ、kamuの手が私の胸に伸びてくる。揉みしだき、乳首をつねられる。

h「あぁっっダメ、すごいっ」

私は中に入れられながら乳首を刺激されると、すぐにイキそうなくらい感じてしまう。kamuはよく分かってて時々最初から責めてくる。

kamuが激しく突いてきて、パンパンと音がする。私の奥の気持ちいいところをどんどん突かれている。

急に、kamuがPを引き抜いた。

h「はぁぁ・・・」

仰向けになったらすぐにkamuの手が伸びる。M字開脚状態にされ、毛がなくてクリトリスも割れ目もまる見え状態になったあそこを撫でてくる。

すぐに指が乱暴に入ってくる。

h「あっっ・・・んんっ」

1本、2本、どんどん責め立てられて、急に抜かれたと思ったら、私の愛液で濡れた指で、乳首を撫でられ、つまんでくる。

h「はっ・・うぅ~‥」

またkamuの大きなPが入ってきた。脚を広げられ、kamuは上体を起こしているから、私の恥ずかしいところは丸見えだ。溢れる愛液で、クリトリスを撫でてくる。そこから手が離れると、また乳首を責める。もう、ピンポイントに私の感じるところばかりを。

私の身体をずらし、こんどは片足を抱えて、ベットに横向きになったを下から突き上げてくる。違う角度を責められて、どんどん中が熱くなってくる。そしてまたバック。私の中は360度突き上げられて、もう力が入らない。

h「あぁ、もうダメ!!イクぅぅっっ」

身体がビクビクと痙攣する。バックから、kamuは抱きしめてくれる。


そして、kamuがPを引き抜く。こんどは細めのバイブを挿入される。少しローションを足してくれるけど、私はkamuの余韻でまだ汁が溢れてる。

スイッチを入れられ、中で回転しだす。いつもはそんなに感じる動きじゃないのに、kamuが持っているからか、すごく感じちゃう。

ふと、kamuが手を離す。回転するバイブは外側が回ってしまうけど、その刺激が気持ちよくて、思わず腰が浮いてしまう。

h「あ、あぁっんん・・」

バイブなんかでこんなに感じて恥ずかしい。しかもイったばっかりなのに・・・。

k「気持ちいいのか?俺のPでなくても、そうやって感じるんだろ?」
h「違う・・kamuが見てるから・・・」
k「この前、T君のも気持ちよさそうにそうやって咥えてたぞ」
h「いや、そうじゃないもん・・・」

私の中で回転するバイブを見ながら、口で責めてくる。でもkamuが見ていると思うと、どんどん愛液も滴ってきちゃう。

T君との行為が頭をよぎる。私の肌が他の男に奪われているとき、どんな顔をしていたんだろう?

そう思ったとたん、kamuがバイブを引き抜き、またPをねじ込んでくる。でも、涎を垂らしているような私のアソコは簡単にkamuを受け入れてしまう。

バックに体勢を戻されると、私の膣から空気が押し出され、恥ずかしい音が響く。

h「いや、kamu、恥ずかしいよ・・」

私の声を聞いているのか、こんどはローションを垂らして、指をもうひとつの穴に挿入してきた。

h「あっ!!!そんな・・・ダメ・・・」

腰が砕けるような感覚。
そんな・・同時になんて・・・。
kamu、kamu・・・呼びたいけど声にもならない。

h「あぁ、イクっ!!んんん・・・」
k「あぁ、俺もイクよ!いい??」
h「うん。イクっっ一緒に・・・」

kamuが背中に精液をかける。2度目の絶頂。こんどはkamuと一緒に。
でも、気持ちよすぎて覚えていないけど、途中でなんどもイってる気もする。





kamuは時差を超えてきてるから、ここで一眠り。といっても21時過ぎていて、私も疲れて眠ってしまった。

夜中、ゴソゴソと音がして、気がつくとkamuが録画したT君との行為をテレビ画面で見ていた。まだ夜も明けていなくて私はウトウトしていたら、急に性感帯を刺激される。

ここからあと2ラウンド、寝たり起きたりと責められるけど、詳細はまたの機会に。
IMG_2202.jpg

kamuのPからは、媚薬でも出ているんじゃないかと思うくらい、挿れられただけでビクビクと感じちゃう。3Pや浮気プレイも楽しいけど、やっぱりkamuと二人きりはすごく気持ちいい。

kamu、これからも楽しいSEXをいっぱいしようね♪

浮気プレイのあと
とても久々になりました。
この時期本当に忙しく慌ただしい日々が続いています。
前回haruの書き込みにとても嬉しいメッセージを頂きkamuharuはとても嬉しかったです。

kamu自身もharuのコメントを読みかなり興奮してしまい、2日も早く帰国し即、某横浜の高級ホテルで待ち合わせして、その夜は寝ることも忘れ朝まで楽しみました。

写真はharuが浮気プレイをしたときのハメ取りの一枚です。
この彼はかなり長いコックの持ち主だ!これだけ長いと奥まで突かれると痛いのかと思うところなのだが、テクも素晴らしくSkypeに写っているharuは痛がる様子も無くそれどころか、この後は騎乗位でharuみずから腰を降り始めた!

kamuがその場に居ないしかしkamuに見られている、覗かれていると言うのがharuの淫乱心に火をつけたようだった!
こんな浮気プレイ、しかもpcの画面いっぱいに最愛のharuが浮気相手と、こんなことしてるのがこんなにし劇的で興奮するとは予想以上の快楽を感じてしまった!

takeshi.jpg


浮気プレイ haru
初めての浮気プレイの決行日、事前に待ち合わせた場所でTと落ち合う。

Tとは一度3Pで会った事があるだけ。
本当はもう何度か3人で会ってからにしたかったけど、
仕事の都合でしばらく会えないkamuの指示で、
二人きりで会う事に。

Tはとても礼儀正しく、
こうした場面での女性の緊張や不安をよく理解し
フォローしてくれるので、指示を受け入れた。

二人でたわいない会話をかわしながらホテルへチェックイン。

実は、今回のプレイはSkypeでアメリカのkamuへ
実況生中継し、さらにビデオでも撮影して
後で二人で見る予定。

色気がないけど、いろいろ機材をセットし、
Skypeにログイン。kamuへつなぐ。

セットし終わると、いよいよ始まると思って
身体が急に熱くなり、アソコが濡れてくるのが分かる。
kamuはいつもすぐに大きなのを挿入してくるので、
始まると思うとすぐに濡れてしまうのだ。




まずは別々にシャワーを浴び、ベッドに横になる。
「後は二人のペースでね」
kamuは言うけど、見られている緊張がまた身体を熱くする。

Tがやさしく覆い被さって来た。
唇をやさしく舐め回すようなキス。
「舌、入れるよ」
熱い舌が私の中に入ってくる。

今は口だけど…アソコもこんな風にかき混ぜられて…
想像しただけでもう汁がしたたっているのを感じながら
胸に這うTの手を受け入れていく。

ガウンを優しくはがされ、生の胸にTの手が触れる。
左の乳首を撫で、右の乳首を口でくわえる。

「あっ」
思わず声が漏れる。
きっとkamuにも聞こえている。

3Pだったらここでkamuの顔を見て、
どう感じてるのか、私はこうして他の男に抱かれて本当にいいのか、
助けを求めて視線を向けるのに、今はkamuはSkypeの画面に
出て来てはくれない。

でも見られている感覚が、もっと私の感度を高めている。

「うわぁ、こんなに濡れて。やらしいね。」

見られてしまった。
まだ身体の下にあるガウンに垂れるほど、
私の愛液はあふれている。

「分かる?こんなに。」
「ほら、触るよ。」

これからすることを説明されると、想像と感覚が研ぎすまされ、
よけいに感じてしまう。

Tの長い指が、私の割れ目に触って来た。
まるで焦らされているみたい。
kamuにはすぐに挿れてってお願いしちゃうけど、
Tとは挿れる前もたくさんして、kamuに見せなきゃ。

「舐めるよ」

さっきは上の口を攻めた舌が、今度は下に這う。
ピチャピチャと嫌らしい音をさせながら、
割れ目にそって舌が動く。

「あっ!」

とりわけ感じやすいところを、Tは分かって攻めてくる。
Tの頭の向こう側には、kamuが見ているカメラがある。

やさしく周りから舐め、次にクリトリスに触れる。

始めは優しく、だんだんと激しさを増して行く。

「あ、もっと、もっとして」
溜まらずに声を上げてしまう。

「気持ちいいの?ここがいいの?」
「そう、そこ、もっと攻めて…」

クリトリスだけでもイっちゃう!
「いや!あっっ」

イったのか、イク寸前だったのか、Tが顔を上げる。
カメラに向かってM字開脚状態の私は、
ビクビクする身体を横にずらす。

「お尻を突き出して」

急にkamuの声。

うつぶせから、指示通りにカメラに向かって
お尻を突き上げると、Tの長い指が触れて来た。

今まで舐められていたのに、もう愛液が滲み出ているのが分かる。
ゆっくりと割れ目をなでている。

「お願い。中も…」
「中も攻めて欲しい?」
「うん。お願いします…。」

kamuに、ちゃんとお願いしなさいって言われている。
今も視線を感じる。

「ほら、感じるところ、触るよ」

Tは女性の膣の中を知り尽くしているみたい。
ピンポイントで私の感じるところを攻める。

「あ!そこ!!す、すごいイイ」
「好きなの?ここ。ほら、もっと触るよ。」

「もっと奥も好きでしょ?」
「うん…。奥も攻めて下さい。」
「ほら、ここも」

あっっ…

まるでTの指一本で操られているみたい。
ビクビクと反応してしまう自分が恥ずかしいのと、
もっと攻めて欲しいという思いが、同時にわき上がる。

Tの指が、私の中を優しく、激しく刺激する。
身体全体の感覚が、Tの指に触られる部分に集中する。

「奥がいい?次はこっち。これも好きでしょ?」

何カ所も、内部を開発されて行くみたい。

お尻を突き出した姿勢に耐えきれずに横に倒れると、
上の足を持ち上げられ、カメラから丸見えの状態で
どんどん指で責め立てられる。

「もうダメ〜。入れて…」

指もすごく気持ちいい。
でもやっぱり、大きいのも欲しい。

「入れてほしいの?じゃあ、僕のも大きくして」

ビンビンではないけど大きくなりかけのTのPが
顔の前にくる。

「haruが他の男のPにむしゃぶりついているのが見たい」
kamuの言葉を思い出す。

少しくわえると、どんどん大きくなってくる。
すぐに、Tが私の下に回り、69の状態になった。
カメラからはTが私のアソコに顔を埋めているのが丸見えだ。

Tのは大きくなると長くて下まで口に収まりきれない。
どんどん大きく、固くなる。
私もまた舐められているところが熱くなり、もう限界だった。

「お願い。欲しいの。」
「入れてほしいの?じゃあ、こっち向いて。」

カメラから映る方向に、さりげなく移動。
こんなにも他の男に感じさせられている私を見て、
kamuはどんな顔をしているの?

Tは素早くゴムを付ける。


「いい?入れるよ?」

「んっっ!!あぁ〜」

Tの大きくなったPがゆっくり入ってくる。
Tのはとても長くて、普通痛がられるらしく、
最初はゆっくり半分くらいを、
だんだん深く挿入してくる。

kamuの大きいので慣らされている私は、
Tの長さももっと受け入れたくなる。
途中までで止めないでって。

「もっと、もっと奥まで入れて」
「入れるよ。奥まで。ほら!」

「あぁっ!」

Tの長いPが私の奥を突く。
長いから大きく出し入れされる、膣の入り口も
こすられて感度が上がる。

クチャクチャといやらしい音がする。
私はkamuじゃなくても、こんなに感じて濡れてしまう。

kamuから最初に指示されていた写真。
他の男のPが私の中に入っている写真を撮れというもの。
Tが撮ってくれているけど、
その時も私のアソコはヒクヒクと動いて、欲しがってしまう。

「ほら!もっと突くよ!」

思わず叫んでしまうほど、奥を突いてくる。

後でkamuが言っていたけど、
Skypeのカメラに向かって、見せつけるように
私の奥を突き上げていたって。

私も必死にkamuに助けを求める。

こんなに感じていいの?
楽しんで、感じて来てって言ったから頑張ってるけど、
本当はkamuとしたい。

でも、kamuに感度を高められ、他の男に犯されている私を
kamuに見られる快感を教え込まれた身体は、
否応無しに快感度を上げて行く。

パンパンと音がするほど激しく突かれ、
どんどん愛液も溢れ出ている。


「乳首も攻めて下さい…。」
「乳首?つまむよ。ほら。どう?」
「あっ…気持ち…いい…!」

私は乳首を両方同時に攻められると、倍以上感じてしまう。
Tにもお願いして、両方をつまんでもらった。

「んんっっ…!いい…」
「ほら、もっと奥を突くよ!」

私の感じる奥の方を激しく突き上げられる。
kamu、助けて…。


「後ろ向いて」

体勢を替えて、今度はバックに。
バックは正常意よりも奥まで届く。

横からkamuに見られる位置で、後ろに回られる。
ズルっと、長いPが私の中に入って来た。

「あっ、Tの、大きい…すごい」
「奥まで入れるよ」

長いPが痛くないかなんて、心配は無用だった。
私の膣は、Tの根元まで受け入れていた。

どんどん後ろから突かれ、
枕に埋めた顔を上げられない。
こんなに感じてしまって恥ずかしいけど、もっともっと欲しい。

「あぁ、すごいいいね。上向いて。」

さっきと向きを変えて正常位へ。
kamuから指示が飛んで、二人の結合がよく見える位置へ。


Tが、私の上で今までで一番激しく動く。
所々で私はイッていた気がする。
今、一番高いところまで来ていた。

「あぁ、イクよ!いい?」
「うん。私も…!」

一番奥まで来たPの、裏筋がドクドクと脈打つのを感じ、
私も力尽きた。






男性はすぐに立ち上がれるけど、
女性はイッてしまうとしばらく動けない。
男性は種を付けた女性を敵から守らなければならないけど、
女性は受精させるために動けなくなるんだって。

Tはkamuと何か話していた。
私は少し落ち着いてからいったんビデオの録画を切り、
シャワーへ。


その後、もう1ラウンド。
Tは複数回出来るし、私もkamuに鍛えられている。
kamuはいつも長く気持ち良くさせてくれているから。

1ラウンド目を熱く語りすぎたので、
2ラウンドめは割愛。

終わった後、別々にシャワーを浴び、
Skypeで少しkamuと話して、すぐにホテルを出た。


kamuの指示でハプニングバーにいって、
その日に出会った男性とした事があるけど、
そのときよりも今回はkamuが画面越しでも見ていてくれたから
少し安心出来た。

やっぱり浮気プレイより3Pの方がいいな♪
だって、この後kamuにもしてもらえるもん。

kamu、今度は一緒にしようね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。